CompTIA Server+(SK0-004)完全マスターコース

コース詳細

コース名 CompTIA Server+(SK0-004)完全マスターコース
コースコード CPM004
対象 ○ サーバーのメンテナンス方法や冗長構成について学びたい方。
○ 19インチラックの取り扱いについて学びたい方。
○ サーバーのセキュリティやデータのバックアップについて学びたい方。
○ CompTIA Server+(SK0-004)認定資格取得を目指す方。
目標 ○ サーバー単体の冗長化構成ができる。
○ サーバー共有資源の利用権限の設定ができる。
○ サーバーデータのバックアップとリカバリーができる。
○ ラックマウントやブレードサーバーなどの適切な配置ができる。
○ CompTIA Server+(SK0-004)試験範囲に含まれる知識を、実機で確認しながら身に付ける。
前提条件 ○ CompTIA A+、CompTIA Network+の弊社トレーニング、もしくはCompTIA資格保持者、もしくはそれ相当の知識をお持ちの方。
○ 実機演習を中心に講義を含めながら進行します。基本的なAT互換機に関するインターフェースや各種規格などの用語は事前知識として必須となります。
内容 【講座のポイント】
サーバー技術者として必要な、19インチラックの取り扱いや、ブレードサーバの環境設定やOSインストールおよび設定、ラック内部の熱対策、配線対策、情報保護(BackupとRAID)、などの知識と技能を修得します。認定資格試験を模したリピートテスト(問題演習を1ヶ月間繰り返し行えるeラーニング)がついており、試験合格をサポートします。

○ サーバーとは

○ サーバー設計
      《演習》 サーバーのハードウェア確認

○ サーバー管理とネットワーク
  − OSインストール
  − リモート管理
  − NICチーミング
  − 仮想環境のインストール、設定
  − 仮想マシンの構築、ゲストOSのインストール
      《演習》 サーバーのハードウェア確認
      《演習》 Intelligent Provisioningを使ったシステムリセット
      《演習》 BIOS画面のハードウェア設定の確認と設定
      《演習》 コンピューターの仮想化(ハイパーバイザー)のインストールと設定
      《演習》 仮想マシンの新規作成とゲストOSのインストール

○ ストレージ
      《演習》 Windowsファイルサーバーの構築
      《演習》 NTFSアクセス許可の設定と確認
      《演習》 共有アクセス許可の設定と確認
      《演習》 NTFSアクセス許可と共有アクセス許可の組み合わせ
      《演習》 仮想マシンのゲストOS(Linux)の操作

○災害復旧
  − バックアップと復元
      《演習》 「Windows Serverバックアップ」によるDisk to Disk(D2D)のファイル・フォルダーのバックアップとリストア

○ トラブルシューティング
      《演習》 トラブルシューティング
      《演習》 RAIDアレイの再構築
      《演習》 UPSの利用方法
職種・レベル
日数 2日間
研修時間 09:30〜17:00
受講料 80,000円(税抜)
注意事項 *研修内容は変更する可能性があります。変更内容は都度更新いたします。
*受験対策テキスト・eラーニングがセットとなっています。(お渡しは研修期間中です。)
会場 両国
日程 2018/2/7〜2/8
Copyright (C) 2013 Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.