AI活用講座

コース詳細

コース名 AI活用講座
コースコード AI001
対象 ○ ITSSレベル4の方。または、レベル4を目指す方。
○ AIアプリケーションや最新ツールをもとに、研究・開発で実際に活用しようとする企業内研究者・技術者の方。
目標 ○ Deep Learningをはじめとした様々なAI技術について学び、これらを活用して自社ソリューションを構築し、実際に自ら動かすことができる。
前提条件 ○ クラウドやプログラミングについて知識がある方。
内容 【講座のポイント】
既存のライブラリを利用して、自分で学習モデルを作成することができます。

【カリキュラム】
○ 人工知能AI技術の可能性
  −国内外の事例を中心に技術体系の整理と先進事例を学ぶ。
  −自動運転へのディープラーニングの応用や創薬・医療診断における人工知能、
   ロボットにおける活用や外観検査・材料開発・エネルギーに至るまで産業に与えるインパクトなどを理解する。

○ 機械学習の体系/演習
  −教師あり学習・教師なし学習
  −適切なアルゴリズムの選択
  −ワークフローの選択
  −ハードクラスタリングとソフトクラスタリングをサンプルアプリケーションで習得

○ ニューラルネットワークの特徴と得意分野について
  −アルゴリズムの理解、逆誤差伝搬法、プレトレーニングといったニューラルネットワークの基本について習得

○ Deep Learning実践事例と代表的なフレームワーク
  −Deep Learningの仕組み、モデル(制約ボルツマンマシン、deep Belief Network)、
   ツール(Theano, Caffe, TesorFlow, etc)を学び、実際に学習モデルを組み立てる。

○ クラウド環境を利用したAIプログラミング
  −AWS等で提供されているクラウド機械学習サービスを利用して、AIプログラミングを行う。

○ 総合演習
  −機械学習ライブラリやクラウドサービスなどを使用し、独自サービスをグループで構築する。
  −発展内容としてIoTも含めたサービスの展開についても演習を行う。

「講義」全体の約20% ・講義 ・ディスカッション
講義時間の最後に、受講者自身の振り返りとなるサマリーを作成。受講者間でサマリーの相互確認を行うことで、受講者自身の知識確認を行う。

「演習」全体の約80% ・実習 ・グループワーク
終了時間前に、その日の演習内容を受講者が簡単なレポートを作成し、問題定義を明確にする。何を行い、その結果どのような問題が解決できそうか、明確にして振り返りとする。IoT,AIではサービス構築の時間を最後に設け、そこで各々が構築したサービスから、理解度や習熟度を確認する。
職種・レベル
日数 5日間
研修時間 10:00〜17:00(計30時間)
受講料 250,000円(税抜)
注意事項 *当講座の最小開催人数は6名です。
会場 両国
日程
Copyright (C) Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.