AI活用講座

コース詳細

コース名 AI活用講座
コースコード AI001
対象 ○ ITSSレベル4の方。または、レベル4を目指す方。
○ AIアプリケーションや最新ツールをもとに、研究・開発で実際に活用しようとする企業内研究者・技術者の方。
目標 ○ Deep Learningをはじめとした様々なAI技術について学び、これらを活用して自社ソリューションを構築し、実際に自ら動かすことができる。
前提条件 ○ クラウドやプログラミングについて知識がある方。
内容 【講座のポイント】
既存のライブラリを利用して、自分で学習モデルを作成することができます。

○ 講義   【従来技法から最先端のAI技法を学ぶ】       

       −人工知能の概論 人工知能の手法
       −Neural NetworkとDeep Learning
       −画像を入力としたDeep Learning
       −畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network, CNN)の概要
       −RNN/LSTMの概要
       −三角関数によるノイズ除去、予測
       −自然言語処理の概要、前処理
       −転移学習の説明と学習済みモデルの利用、実験

○ 演習   【AI技法の習得】

       −Python,TensorFlow(+Keras)の基本的な使い方、基本的なディープニューラルネットワークのTensorFlowによる実装
       −MNISTによるCNN実装 
       −自作手書き文字を利用したCNNによる画像判定 
       −Image Augmentation 画像群から学習用配列ファイルの作成
       −CNNによる手話画像の判定
       −時系列データを用いたデータ整理、LSTMによる予測
       −LSTMを使用した自然言語処理の予測、翻訳
       −転移学習の説明と学習済みモデルの利用、実験

○ 総合演習
       
− 機械学習ライブラリやクラウドサービスなどを使用し、独自サービスをグループで構築する。
       − 発展内容としてIoTも含めたサービスの展開についても演習を行う。


「講義」全体の約20% ・講義 ・ディスカッション
講義時間の最後に、受講者自身の振り返りとなるサマリーを作成。受講者間でサマリーの相互確認を行うことで、受講者自身の知識確認を行う。

「演習」全体の約80% ・実習 ・グループワーク
終了時間前に、その日の演習内容を受講者が簡単なレポートを作成し、問題定義を明確にする。何を行い、その結果どのような問題が解決できそうか、明確にして振り返りとする。IoT,AIではサービス構築の時間を最後に設け、そこで各々が構築したサービスから、理解度や習熟度を確認する。
職種・レベル
日数 4日間
研修時間 09:30〜18:00
受講料 250,000円(税抜)
注意事項 ※技術革新等により、講義や演習内容に変更が生じることがあります。
会場 両国
日程 2020年2月19日〜20日・3月2日〜3日
Copyright (C) Uchida Human Development Co.,LTD. All right reserved.