OA機器に関する よくあるご質問

Q. 全自動紙折り機の種類は?
A. LF-A601、LF-S670、LF-S650の3種類となります。

全機種にカラー液晶タッチパネルを搭載。
折り位置の微調整、変形折り、エラー時の対応などガイダンスにより容易に対応できます。
重送検知を搭載、静音モード(LF-S670、LF-S650)

LF-S670
すべての機能を備えたフルスペックタイプです。アート紙・コート紙を折るには最適です。給紙部に圧力調整機能が付き様々な用紙に対応できます。
※チラシなどの紙質によっては折れない場合があります。

LF-S650
メモリー機能を搭載したスタンダードなオートタイプです。変形折り、定形外用紙の折りもメモリー機能で楽々操作できます。

LF-A601
ブレーキ方式により、折りカセットの無いスッキリとしたデザインになっています。変形折り、定形外用紙の折りもメモリー機能で楽々操作できます。

全自動紙折機:LF-A601についてはこちら
全自動紙折機:LF-S670、LF-S650Nについてはこちら

このページは、当社が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。