セミナー情報の詳細とお申込み

ご入力いただいた個人情報は、当グループの個人情報保護方針に則り、適切な取扱いを実施します。
以上に同意のうえお申込みください。

【必須】は、ご入力必須項目になります。必ずご入力いただきますようお願い申し上げます。

必要事項をご入力の上、「内容を確認する」ボタンを押してください。

セミナー情報の詳細


セミナー名
働き方改革への対応と実務のポイント
テーマ
人事労務
セミナー概要
〜 長時間労働対策から生産性向上のポイントを解説します 〜

今や、「働き方改革」を意識していない会社は皆無といえます。しかし、具体的に何を行なえばよいのか迷われる声を多く耳にします。世の中にたくさん出回っている事例も、その会社には合っているかもしれませんが、自社にはなかなか適用が難しい、そんな声も多いのが事実です。

今回は、働き方改革を実施しなければどんなことが起こる可能性があるのか、働き方改革にはどのような選択肢があるのかを第1部にて解説した後に、特にご相談の多いKPI設定手法など、「生産性向上」の方法について第2部にて解説いたします。

企業さまのお役に立つものと思いますので是非ともご参加をお待ちしています。
開催日時
2017年8月25日 14:00 〜 16:15 (受付13:30〜)
開催場所
霞が関ビル <1階 プラザホール>
東京都千代田区霞が関3-2-5
内容
【第1部】 働き方改革の実践ポイント
 T. 長時間労働に関する最新の行政動向
  ・今年度の労働行政方針
  ・今後想定される労働法関係法改正情報
  ・最近の事例にみる是正勧告ポイント
 U. 働き方改革を進めるときのポイント
  ・極度の人材不足時代の到来
  ・長時間労働対策×生産性向上×企業風土改革
  ・やってはいけない働き方改革
 V. 働き方改革の事例
  ・実際に効果のあった働き方改革事例紹介
  ・体質改善アプローチ

【第2部】 真の働き方改革を実現する『稼ぎ方改革』
 W. 働き方改革によって目指すべきゴール
  ・なぜ、働き方改革が求められているのか
  ・働き方改革の本質は『稼ぎ方改革(生産性向上)』
 X. 生産性向上に求められるもの
  ・生産性を構成する要素
  ・生産性向上に向けたアプローチ
  ・生産性向上は「全社最適」で実現する
 Y. 生産性向上に向けた取組み
  ・生産性向上は中期経営計画と組織力強化で実現する
  ・中期経営計画実行に必要な要素
  ・中期経営計画を通じて組織・人材を育成する
定員
80 名
受講料(お支払い方法含む)
無料  


お申込み期限
2017年8月19日
連絡先
みらいコンサルティンググループ
E-mail : seminar-tokyo@miraic.jp
セミナー事務局 担当: 鈴木
備考
※ 定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
※ 定員に達した場合は、1社1名のご参加とさせていただく場合があります。
※ 東京地区以外でセミナーに関心があるお客さまは、お問い合わせください。
セミナー資料
17_08_25_働き方改革セミナー案内.pdf [ 1.5MiB ]


セミナーお申込みフォーム

複数名でご参加の場合には、それぞれお申し込みが必要です。
代表者さまのお申し込みが完了すると、引き続き同伴者さまの登録が可能です。

会社名【必須】

業種【必須】

郵便番号【必須】
  • -
※郵便番号を入力すると自動で住所が入力されます。
都道府県【必須】

住所【必須】

お申込者氏名【必須】

お申込者Eメールアドレス
【必須】

(確認用)

ご参加者氏名 ※お申込者とご参加者が異なる場合のみご入力ください。

部署

役職

電話番号(携帯電話)【必須】
  • -
  • -
参加者Eメールアドレス ※お申込者とご参加者が異なる場合のみご入力下さい

(確認用)

紹介者区分 ※紹介者がいらっしゃる場合には入力必須です。
金融機関 ※「紹介者区分」で「金融機関」を選択された場合には入力必須です。

支店 ※「紹介者区分」で「金融機関」を選択された場合には入力必須です。
支店
担当者 ※「紹介者区分」で「金融機関」を選択された場合には入力必須です。

法人会 ※「紹介者区分」で「法人会」を選択された場合には入力必須です。
法人会
紹介者 ※「紹介者区分」で「その他」を選択された場合には入力必須です。

無料個別相談を希望する
希望日
※セミナー当日のご相談については、時間の都合などで
お受けできない場合がございます。


※無料個別相談につきまして、時間の都合でご希望に添えない場合は、
日程を調整させていただくことがございます。予めご了承ください。
ご質問・備考欄

個人情報取得の同意 【必須】
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001, ISO20000-1, ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。