〈エコプラザSDGsセミナー〉SDGs・生物多様性フォーラムin Osaka 
SDGsに貢献し、ESG投資を呼び込む 生物多様性・自然資本経営 
■日程: 2019年08月30日(金)13:00〜17:00 

■セミナー情報

 


自然資本を国民の生活や経営基盤を支える重要な資本の一つとして捉える「自然資本」という考え方が注目されています。自然資本の価値を適切に評価し、管理していくことが企業の持続可能性を高めることにつながると考えます。
今回のセミナーでは日経BP 日経ESG編集 シニアエディター 兼 日経ESG経営フォーラム プロデューサーの藤田香氏をお迎えし、「ESG投資家の注目高まる自然資本経営」についてお話しいただくとともに、先進企業による生物多様性の取り組み事例をご講演いただきます。 


■ プ ロ グ ラ ム ■

13:00〜14:10 基調講演
 「ESG投資家の注目高まる自然資本経営、SDGs達成にも貢献」
 講師:日経BP 日経ESG編集 シニアエディター 兼 日経ESG経営フォーラム プロデューサー 藤田 香氏

14:10〜14:50 講演1
 「カゴメにおける生物多様性の取組み」
 講師:カゴメ株式会社 品質保証部 環境システムグループ 専任課長 綿田 圭一氏

14:50〜15:00 休憩

15:00〜15:40 講演2
 「ESG経営における自然資本活用のポイント」
 講師:積水ハウス株式会社 環境推進部 部長 佐々木 正顕氏

15:40〜16:20 講演3
 「イオンの生物多様性保全の取り組み 」
 講師:イオン株式会社 環境・社会貢献部 部長 鈴木 隆博氏

16:20〜17:00 質疑応答、名刺交換会

【基調講演 講師プロフィール】
藤田香(ふじたかおり)
東京大学理学部物理学科卒。日経BPでは世界の自然や文化を紹介する「ナショナルジオグラフィック日本版」副編集長や、「日経エコロジー」編集委員などを経て、サステナビリティ経営を取り上げる「日経ESG」のシニアエディターと、約150社が集まる「日経ESG経営フォーラム」のプロデューサーを務める。著書に「SDGsとESG時代の生物多様性・自然資本経営」など。富山大学客員教授や国の委員も務める。 
■参加費:
無料
■会場:
おおさかATCグリーンエコプラザ内 セミナールーム(大阪市住之江区南港北2−1−10 ATC-ITM棟 11F)
■定員:
100名(要申込)
■対象:企業、自治体の環境担当者、環境ビジネスに関心のある企業関係者等一般
■主催:おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会(大阪市、アジア太平洋トレードセンター株式会社、日本経済新聞社)
セミナー情報をご確認いただき、必要情報をご入力の上「確認」ボタンを押してください。
※送信いただいたメールアドレスに、本セミナーの情報を記載したメールをお送りいたします。

■入力フォーム
参加するセミナー番号にチェックを入れてください [必須]
※複数選択可能
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
氏名 [必須]
フリガナ [必須]
郵便番号 [必須] -
都道府県 [必須]
市区町村 [必須]
電話番号 [必須] - -
所属名(会社・団体・学校など)
※個人の方は入力不要です。

所属部署
※個人の方は入力不要です。

役職
※個人の方は入力不要です。

メールアドレス [必須]
(確認用)
交流会参加 [必須] 参加する
参加しない
その他
メールマガジン配信 [必須] 希望する
希望しない
※メールマガジン配信を停止する場合は、メールマガジン登録・配信停止画面より停止手続きを行ってください。

このフォームに入力いただいたお客様の個人情報は、他の目的には一切使用いたしません。
ご送信の際にはプライバシーポリシーをご確認の上、ご同意下さいますようお願いいたします。


Copyright (c) Osaka ATC Green Eco Plaza. All Rights Reserved.